港区三田_秋色庵大坂屋

秋色庵大坂家 -三色最中発祥の老舗和菓子店-

Pocket

秋色庵 大坂家(しゅうしきあん おおさかや)は元禄年間(1688~1703年)創業、300年の長い歴史を誇る和菓子で有名な江戸の老舗。東京名物として知られる秋色最中や上生菓子、お汁粉などを製造・販売しています。

東京にある”大坂家”

火災による資料の焼失で詳細不明ですが、その昔、大坂表(おおさかおもて)で商売していました。
※『大坂』が『大阪』となったのは明治以降と言われています。
そして何らかの理由から江戸へ移ってきて、現代に至るという風に推測されます。
江戸での創業は元祿年間(1688〜1703年)とされており、おおよそ300年前、現在の店主で十七代目になります。

秋色と書いて「しゅうしき」

秋色と書いて「しゅうしき」。
この独特の読み方は、実は大坂家の祖先にあたる「お秋」という娘の名前を由来としているのです。

寛文の末頃、大坂家の娘として生を受けた女性は、幼い頃から俳諧を学び、今で言うペンネームとして秋色女(しゅうしきじょ)および菊后亭秋色(きくごていしゅうしき)という俳号を名乗っていたそうです。

井戸端の 桜あぶなし 酒の酔

花見客で賑わう井戸端の様子を詠んだこの句は、輪王寺宮に賞せられ、お秋は一躍有名になったそうです。

そのお秋から名を取った桜、秋色櫻(しゅうしきざくら)が上野恩賜公園の清水観音堂にあり、代々植え継がれて現在は9代目にあたる桜が見られるようです。

看板商品、秋色最中

日本初の三色最中は秋色庵大坂家。同様の名称の最中が広まったため、昭和の初めに「秋色最中(しゅうしきもなか)」と改名。現在も当店の看板商品の一つです。

●秋色庵大坂家●
〒108-0073
東京都港区三田3-1-9